気軽に入手できる天然のアロマ

女性と美容オイル

ハッカ油はドラッグストアやネット通販などで気軽に購入できます。ハッカはさまざまな食品に使用されており、特に飴やガムなどに多用されています。食べるとスーっとするのが特徴で、すがすがしい清涼感を味わうことができます。ハッカ油を活用すれば、ハッカを日常生活全般に取り込むことができます。アロマオイルとしてタオルにスプレーしたり、入浴剤として活用したり、虫よけにしたりできるのです。天然植物のミントから抽出される成分なので副作用の心配はありません。レモンやオレンジ、グレープフルーツなどのアロマと同じように使用できるのが魅力です。はじめてハッカ油を購入する初心者の方は、容器の形状にこだわってみましょう。ハッカ油は少量を水に垂らすだけでも強い香りを感じられるので、大量に入れないように注意が必要です。スポイトタイプなら量を微調整しやすいので、自分好みの濃さで使用するのに好都合です。最初のころは少量から始めてみて、慣れてきたら少しずつ増やすなど調整しましょう。あまりに濃くして使用すると、肌に付着したときに肌荒れを起こす可能性があります。ハッカ油自体は安全性が高い素材ですが、赤ちゃんや敏感肌の方などは注意したほうがよいでしょう。

さまざまな使い方を楽しめる

アロマセラピー

ハッカ油には実にさまざまな用途があり、近年は虫よけに活用されています。ハッカ油を水に少量溶かし、それを肌にスプレーすれば虫は嫌がります。ただし殺虫作用は期待できないため、蚊やハエに直接スプレーしても撃退することはできません。あくまでも害虫が寄ってこないようにするためのアイテムだと考えてください。原液のスプレーも販売されていますが、そのまま使用すると肌に刺激を与える可能性があるので避けましょう。ハッカ油はハーブに分類されていますが、原液のまま皮膚に塗布したり、体内に取り込んだりすると思わぬ副作用が生じる可能性があるのです。医薬品ではありませんが、過剰に摂取すると消化器の不具合が生じることもあります。ハッカ油は湯船に数的垂らし、香りを楽しむという使い方もあります。足浴に使用することもできますが、湯船に入れる場合よりも量を減らすようにしてください。少し香りが漂うくらいで問題はなく、入れすぎると香りが強くなりすぎて不快感を伴う可能性があります。飲料に垂らして飲むのもありですが、この場合も入れすぎると風味が落ちます。はじめてハッカ油を使用する方はごく少量から始めて様子を見てみましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中